2016年5月1日日曜日

押しマス 漬けマス 桜マス

春の魚といえば、やっぱりサクラマスですね!誰がなんと言ってもサクラマス!という事にしないと話が進まないので、そういう事で悪しからず。




これまでに、冷凍庫でカチカチに凍らしてのルイベ、塩を振っての塩焼き、小麦粉まぶしてのムニエル、そして、アラを使っての三平汁は経験済み。なので、今回は初めての押したり、漬けたりしてサクラマスを楽しんでみました。
まずは押すと言えばマス寿司。ルイベにした切り身を薄くそぎ切りにして、塩を振って1時間。こっからは手抜きして○カン社製の「カンタン酢」を使いました。同社から広告料を頂いているワケではないし、頂いてしまうと確定申告も面倒なので、どっちにしてもその明言をはばかるワケなのですが、ヒントは「○=4−1」という事で類推くださいませ。
という事でミツ〇社製「カンタン酢」で塩を洗い落とします。そして「カンタン酢」に漬けること1時間。引き上げてキッチンペーパーで余分な酢をふき取ったら、ご飯のうえに並べラップで覆います。このラップは「サラン」でも「クレ」でもないリーズナブルなラップです。

桜弁当です
桜マスの押し寿司、桜ダイ(真鯛)のそぼろ、それに桜肉(馬肉)の煮付けと桜人参
旬のふくたちとこごみ
左上半分は青マス(カラフトマス)寿司、右下半分は桜マス寿司
 あとは軽く重しをして一晩冷蔵庫で。あーこれはですね。富山のます寿司ですね。確かに素人っぽい荒さはあって勝てはしないけども負けてもいない。「秋田のます寿司」で名物にしてもおかしくはない!とキッパリ断言します!!
「押し」の次は「漬け」です。
これは「腎臓」を漬けました。いわゆる「メフン」ですね。
真水で血抜きして、塩をまぶして一晩。塩抜きして、刻み生姜を入れたヒタヒタの醤油でさらに一晩。なんと言いますか、そもそも内臓系を好んで食べる習慣が無かったので、やはり最初のひと箸を出すのにはためらいがありますね。けれども、ためらっていても仕方がない。しない後悔より、する後悔。ええい、ままよ!と、恐る恐る口に運びます。

ルイべにメフンをのっけて、握り寿司にすればよかった・・・と全部食べてから気が付いた
おっ!これは日本酒にピッタリ。塩が濃厚な旨みだけを引き出して、生臭いなんてことはありません。それを醤油がまろやかに。
後悔することを心配したことを後悔した春の一日でした。