2012年12月27日木曜日

出没 サメ喰い人

冬になると秋田 では人喰いザメが出没する。いや違った、サメ喰い人が出没するようになる。人喰いザメは、あの大きな顎でがぶりと一飲みだが、サメ喰い人では、そうはいかない。まず、あのザラザラの皮を剥がねばならない。これがかなり難しいらしいが、鮮魚店などでは皮を剥がれあられもない姿となった「棒ざめ」が並ぶ。


出来る事ならこの光景を白兎に見せてやりたい衝動が起きてくる。白兎は因幡の仇を秋田で打つとばかりに飛び跳ねて喜ぶはずだ。ともあれ、サメ喰い人は、棒ざめを、あるいはその切り身を買って帰ることになり、そこから、刺身、湯引き、煮付け、焼き物、フライなどにし、ようやくがぶりである。このサメ、大きくても全長1mほどにしかならないアブラツノザメである。いつもなのであるが、棒ざめや切り身を見ると保健室や実験室に良くあった人体模型を思い出してしまい、正直言って食べるまでには少しばかりためらいがある。なので、サメ喰い人としては、まだまだ半人前ではある。半人前ながらもいろいろ試してたが、刺身が美味い。マンボウの刺身に入れた切込みにヒラメのエンガワが隠れているような感じとでも言ったら良いか。



部位にもよるのだろうが、噛み始めは、フグの白子と柔らかい牛肉の合いの子のようで、捉えどころの無い柔らかさに少し戸惑うが、気がつくと上品な脂の旨味が感じられ、そのうち溶けるように消えていく。刺身や湯引きは酢味噌で食べることが多いようだが、わさび醤油でも合うと思う。それにフライも美味い。柔らかめの鶏肉のようで、黙っていればサメとは分からないかも知れない。いやいやそれではサメに失礼だ。進化的に正しく言えば、鶏肉に対してこそ「筋ばったサメ肉のようだ」と表現するのが正しいのだ。

2012年12月20日木曜日

ぶりこのなます

先日、道の駅「てんのう」にある「地魚工房えがわ」から「ぶりこのなます」を買ってきた。ハタハタのぶりこに大根おろしと、酢、味噌など、それに小口切りのネギをまぶしたものである。「ぶりこ」とは、ハタハタの卵のことである。直径2ミリほどの卵が平均1,000粒ほどが互いにくっ付き合いゴルフボール大の塊になるが、それを秋田では「ぶりこ」と呼ぶ。秋田音頭の「秋田名物八森ハタハタ、男鹿で男鹿ぶりこ〜」の「ぶりこ」である。なますで食べるのは初体験である。かなりしょっぱくて、酸っぱい。それに強い弾力に歯が押し返される。数の子一粒の直径を2倍、本当はもっとありそうだが硬さを100倍にしてみて欲しい。そんな感じなのである。咀嚼に関わる筋肉を総動員してバリッ!ボリッ!ブリッ!バリッ!と噛み続ける。一粒一粒の弾ける音が骨伝導で頭に響き渡る。立て続けに3個も食べてから鏡を見れば顔の表情が変わっていそうなくらいだ。しばらくすると少しずつ酸っぱさ消えて口中は、にじみ出た卵本来の旨みが広がり始め、結構美味いことに気がつくのである。その余韻を楽しんでいるうちに、口の中は白くて弾力のある卵の殻だけになる。誤解の無いようにであるが、塩焼きやしょっつる鍋などで普通に食べる時のぶりこは、これほど硬いことは無い。顔の表情は変わると言っても、和やかで優しい顔になっているはずだ。なますに使われるのは、メスのお腹からこぼれ出て固くなったぶりこを使うのであるが、だからと言って、浜に転がっているぶりこを捕ることは、県の規則で禁止されているので要注意。

2012年12月16日日曜日

ハタハタバーガー

すでに昨年から登場していたのであるが、「ハタハタフライバーガー」を食べた。道の駅「あきた港」にあるファストフード店で購入。尾びれのはみ出しが目に楽しい。トマトベースで酸味のあるサルサ(風)ソースに、タルタルソースも加わり、フライをさっぱりと食べさせてくれて美味しい。が、正直に言えばハタハタの味はしない。けれども、ハタハタを知らない世代や、県外客に受けは良いかも知れない。