2014年9月20日土曜日

初ハツ体験

   四十半ばを過ぎた男の初体験のお話です。
   聞かなくてもいいって?
   そんなこと言わずに聞いてくださいな。
   ではまずマグロから行きますね。マグロの初体験なんて、なんの反応もなくて面白くも感動も無かったろうなんて言われそうですが(マグロがなぜ反応が無いのか?そのあたり分からない方は読み飛ばしてください)。そんなことありませんでしたよ。

秋田でもクロマグロが獲れるんです!
そうかと言ってピチピチ跳ね回るのかと言えば、やはりピクリともしない。そもそもピチピチ跳ね回るのに最重要な部分を引っ張り出しちゃったんですから。つまりマグロの心臓。マグロのハツです。マグロのハツがまな板の上でゴロンと横たわりマグロ状態になっている訳ですね。

マグロ状態のマグロの心臓
   心臓だけに少しグロテスクだし一歩引きそうになりますが、やっぱり食べてみたい気持ちが後押してくれますね。もみもみしながら血抜きをして、スライスしたハツを刺し身とフライパンで炒めていただきます。

ハツの刺し身です。
分かりやすくたとえると、魚風味の淡白なレバーといった感じでしょうか。
ハツの炒めです。
分かりやすくたとえると、かつお節をかけたレバー炒めといった感じでしょうか。
   刺し身はニンニクよりも生姜があいますね。味わいは歯応えのあるあっさりしたレバーのよう。
  炒めものもベースはレバーなのですが、かつお節9割にレバー1割混ぜたような味わい。飲み込んだあとの口中には魚の旨味の余韻が残ります。
   無反応どころかとても面白く美味しいひと夏のハツ体験でした。

秋サケのハツ体験
   では、もう一つ秋のハツ体験のお話を聞いてください。
   サケです。サケの心臓です。
   新潟なんかでは「どんぴこ」と呼ばれ食べられていることは知ってたのですが、マグロと同様にこれまで体験したことはありませんでした。
   秋田の地魚を味わい尽くそうとの志を立てた人間として、なサケないとは思いながらも、自分でサケをさばいても一匹に一個しかないし料理するのも面倒なのでほっちゃってたんですね。
   けれども地魚食いの立志伝中の人として認められるには、サケては通れない課題でもあった訳なんですね。ハツ体験は。

塩コショウをして
   そんなところにサケのハツだけが手元にハツ入荷した訳ですね。それもたくさん。
 ということで、マグロ同様、まず血抜き。
   そんであとは、塩胡椒をして串焼きです。

串焼きに
分かりやすくたとえると、柔らかい魚風味の鳥もつ
  焼きあがった姿も似ているのですが、柔らかめの淡白な鳥もつといった感じです。
 砂糖、醤油で甘辛く煮付けてもいけそうです。
 というか、マグロのハツもそうですが、魚料理の居酒屋の定番メニューにあって欲しい。そんな一品です。
 いずれにしても、まだお済みでない方は、ぜひ体験してみてくださいね。ハツ体験。