2016年5月1日日曜日

押しマス 漬けマス 桜マス

春の魚といえば、やっぱりサクラマスですね!誰がなんと言ってもサクラマス!という事にしないと話が進まないので、そういう事で悪しからず。




これまでに、冷凍庫でカチカチに凍らしてのルイベ、塩を振っての塩焼き、小麦粉まぶしてのムニエル、そして、アラを使っての三平汁は経験済み。なので、今回は初めての押したり、漬けたりしてサクラマスを楽しんでみました。
まずは押すと言えばマス寿司。ルイベにした切り身を薄くそぎ切りにして、塩を振って1時間。こっからは手抜きして○カン社製の「カンタン酢」を使いました。同社から広告料を頂いているワケではないし、頂いてしまうと確定申告も面倒なので、どっちにしてもその明言をはばかるワケなのですが、ヒントは「○=4−1」という事で類推くださいませ。
という事でミツ〇社製「カンタン酢」で塩を洗い落とします。そして「カンタン酢」に漬けること1時間。引き上げてキッチンペーパーで余分な酢をふき取ったら、ご飯のうえに並べラップで覆います。このラップは「サラン」でも「クレ」でもないリーズナブルなラップです。

桜弁当です
桜マスの押し寿司、桜ダイ(真鯛)のそぼろ、それに桜肉(馬肉)の煮付けと桜人参
旬のふくたちとこごみ
左上半分は青マス(カラフトマス)寿司、右下半分は桜マス寿司
 あとは軽く重しをして一晩冷蔵庫で。あーこれはですね。富山のます寿司ですね。確かに素人っぽい荒さはあって勝てはしないけども負けてもいない。「秋田のます寿司」で名物にしてもおかしくはない!とキッパリ断言します!!
「押し」の次は「漬け」です。
これは「腎臓」を漬けました。いわゆる「メフン」ですね。
真水で血抜きして、塩をまぶして一晩。塩抜きして、刻み生姜を入れたヒタヒタの醤油でさらに一晩。なんと言いますか、そもそも内臓系を好んで食べる習慣が無かったので、やはり最初のひと箸を出すのにはためらいがありますね。けれども、ためらっていても仕方がない。しない後悔より、する後悔。ええい、ままよ!と、恐る恐る口に運びます。

ルイべにメフンをのっけて、握り寿司にすればよかった・・・と全部食べてから気が付いた
おっ!これは日本酒にピッタリ。塩が濃厚な旨みだけを引き出して、生臭いなんてことはありません。それを醤油がまろやかに。
後悔することを心配したことを後悔した春の一日でした。

 

2016年2月20日土曜日

さるかに合戦

 実はなにを隠そうわたくしサル年生まれなんです。そして今年は待ちに待った12年に一度のサル年ではありませんか。さあ!時至れり今こそカニに戦いを挑もうではないか!なぜかって?ほら、サルとカニって仲が悪いじゃないですか!えっ知らない??その昔、我がご先祖様は、大事にtとっておいた柿の種をあげたにもかかわらず、カニ野郎に殺されちゃったじゃありませんか!あの憎っくきカニ野郎に!だから今こそカタキ討ちの時なんです!そのために12年も待ったんですよ!12年も!!

こいつが、わがサル一族のカタキなのである(秋田では2月までが漁期)
それって逆恨みじゃないかと言われそうですが、そう言われちゃうと話が進まないので、そーゆーことにして目をつぶってあげてください。つまりですね。カニはサルのカタキである。わたくしはサル年生まれである。したがってサルであるわたくしはカタキを打たねばならぬのだ!今こそ!とかなり強引過ぎる理論にもとづいてカニ野郎を食べてしまう訳です。
あっ!そう言えば、忘れちゃいけない。カニ野郎に手助けした奴らがいたな!ウスにハチにクリ!カニの後に食ってやるから待ってろ!あっ!馬糞もな!

プチプチの外子=黒子(この一段階前の“赤子”旨いらしい)
甲羅を外すと、オレンジの内子とミソが!
ハチ以外、首がどこにあるのか分からないヤツらばかりだけど、みんな首を洗って待ってろ!
ということで、今回はカニを食べるわけです。まぁーそのー実を言えば、facebookで鳥取の「親ガニ丼」なるものの存在を知ってしまった訳です。この親ガニ丼の色どりの素晴らしさといったら。もう宝石箱や~なワケです。それに内子、外子のヅケなんてことを聞いてしまったら、もう居ても立っても居られなくなってしまい仕入れに出かけた訳です。おっ!いたいた!さっそく五杯ゲット。まずは深い紫色をした外子を潰さないように外します。続いて甲羅を開けたら、鮮やかなオレンジ色の内子、それにミソをほじくり出して、残りの身は塩茹でします。
“親がに丼”と“親がに汁”
内子は塩からにも。コクがぐっと深まります!
脚肉・外子・茹で内子
身の半分はミソ和えに、内子と外子を醤油漬けにします。あとは鳥取県の「親ガニ丼」を見よう見まねで再現してみます。あー眼福!眼福!食べてみましょうね。身は甘く、外子はプチプチ弾け、内子はふうわりと淡いウニのようです。あー口福!口福!カニ野郎にリベンジのつもりがリスペクトになってしまいました!
さてと、次は何に戦いを挑もうか?そうだ!あいつがいたな。
首を洗って待ってろ!犬野郎!